まさみ ふぁくとりぃ〜紙と筆とデザインと
 
「紙はいつまでも残り続ける」

WEBが発達しても、パソコンやスマホが最先端になっても、紙で刷られたもののパワーは計り知れません。チラシ然り、本然り…筆文字もそうです。手に取る魅力、手で描く魅力は私は永遠に衰えないと思っています。
小さな紙の世界に、思いをぎゅっと詰めて発信する…それが魅力的であるように「まさみ ふぁくとりぃ」は最大限のお手伝いをいたします。

講座等のお知らせ〜詳細はブログをご覧ください。

講座

2018年9月28日、10月26日(金)10:00〜12:00…筆を楽しもう!連続講座@長後公民館、1階工作室(※参加者募集中!)参加費3,500円
9月は読書の秋にちなんで、筆でブックカバーを作ります。そろそろ年賀状作りも視野に!!
長後公民館はこちら…http://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/manabi/kyoiku/shogai/kominkan/kominkan/chogo/index.html

講座


講座
講座

貴方の「伝えたい」をお手伝いします。「まさみ ふぁくとりぃ」だからできること。


デザイン、イラスト

1枚もののチラシから、冊子まで、集客・広告・報告等お客様が手に取り、読んで下さるデザインを打ち合わせを重ねながらご一緒に作り上げていきます。イラストもデザインも両方できることが「まさみ ふぁくとりぃ」の強み。

詳細はこちら

筆文字

最近は、紙の上だけでなく、看板やラベル、パッケージなど、目に触れる機会が益々増えてきた「筆文字」。繊細に、大胆に…現代文字の他にも、古代文字で描くことも可能です。他にも筆文字の講座も開催しています。

詳細はこちら

古代文字

今から約3,800年前に中国で生まれた「古代文字」。文字のような、絵のような…これをアートに描いたり、名前を古代文字に置き換えてその使命をお伝えすることもしています。パッケージや看板などにも最近は使われます。

詳細はこちら

profile

形のないものを整えるお手伝いをします。

大学で日本文学を学ぶも、卒業後バイトで行っていた広告代理店でデザインの基礎を実地でコッソリ学ぶ。市民活動団体との繋がりができ始めた頃からチラシや冊子の依頼が増え、デザイナーとして独立。ご縁で仕事を頂き続け20年。市役所、社会福祉協議会、NPO団体、企業、個人…デザインの仕事を続けさせていただいおります。筆は、POPの教室の師匠から書き方、心得を学び、現在はもっともっと身近に筆に親しんでもらうための講座を各所で開催。現代文字、古代文字どちらでも。他にも、筆でロゴや看板のご依頼も絶賛承り中。

お問い合わせ

このサイトで全てお伝えできたかどうか…まずは少しでも「まさみ ふぁくとりぃ」にご興味持ってくださいましたら、どうぞこちらからお問い合わせください。各種お見積もり、講座の内容、古代文字やお名前詠みに興味がある…等。折り返しご連絡させて頂きます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信